Adaptation

今回はDr. John Goodfellowの許可を得て、先生のブログSpecific Cervical Chiropracticを紹介します。
Specific Chiropractorの先生はB.J.クリニックの最後の所長であるDr.E.L.Crowderの直弟子でもあった方です。
僕は一度しか先生にお会いしたことはありませんが、とても温和で優しい方でした。Facebookでは繋がっていますが、またいつかお会いしてお話を聞きたいです。

翻訳は低レベルな英語力の僕がやったことなので、ご容赦ください。
誤訳のご指摘などがあればFacebookなどで教えて下さい。



Adaptation

適応能力

In light of the recent passing of my friend and mentor, Dr. John V. Whaley, I thought some Chiropractic in order.
私の友人でありメンターのDr. John V. Whaleyの最近の訃報を踏まえ、カイロプラクティックを順番に考えました。

The red lines you see here are temperature differential lines. They start from the base of the neck and finish just under the back of the skull called the occiput.
Chiropractors started running these readings in the early 1920’s. It is a major distinction between Chiropractors.
ここに見られる赤い線は、温度の差を示しています。これらは首の根元から始まり、後頭骨と呼ばれる後頭部の下に終わります。

These readings describe when and when not to initiate care (provide an adjustic thrust). A person will develop a pattern, consistent and persistent reading over time. The static nature of the reading indicates the patient is not adapting well to the internal or external environment. The nerve system is having trouble processing information and struggling to direct individual cells in the proper way.
これらのリーディングはイネイトケア(アジャストメントのスラストの提供)をいつ行うか、そしていつ行わないかを表しています。パターンを決定するために、間違いがないように何度もリーディングをします。その変化のないリーディング(写真左の曲がりくねった赤い線)が指し示す事は患者が内部環境や外部環境に対して上手く適応できていないという事です。神経機能は情報を伝えるのが困難になり、個々の細胞の適正な管理が難しくなります。

Once a Chiropractic Adjustment is given, the goal is to see a change in the temperature differential reading. As you can see from these two readings, they are different. The straighter reading indicates a higher level of adaptation. This individual is processing information better and cells are being directed appropriately.
Next time you see your Chiropractor, ask if they have a Neurocalometer & Neurocalograph.
一度カイロプラクティックアジャストメントをされると、温度差に変化が見られるようになります。この二つのリーディングを見てわかるように、違いがあります。まっすぐなリーディングは高レベルな適応能力がある事を示しています。これは情報がより良く処理され細胞が適正に管理されているという事です。
今度あなたがカイロプラクターに診てもらうことがあったら、ニューロカロメーターかニューロカログラフを持っているかどうか聞いてみてください。


ニューロカロメーターとは脊柱の皮膚温度を計測する機器のことです。先生のものは結構年代物で、こだわりを強く感じます。
僕はタイトロンを使っています。

カイロプラクティックは「いつ」アジャストメントをするか、しないかを判別するのが最も大切です。
痛みなどの症状があるからといってアジャストメントの対象にはなりません。(痛みは治癒反応だったり、防御反応だったりすることもあるので悪いものとは限りません。)
脊柱両側の温度を計測し、その人の神経機能が正常かどうか。適応能力が制限なく十分に働いているかどうかという「生命の力」を科学的に検査し分析し、椎骨の妨害があればそれがアジャストメントの対象となります。

もし、カイロプラクティックを受けてみたいと思われたら、こんな機器であなたの状態を分析してくれるオフィスを探してみてはいかがでしょうか。新しい発見があるかもしれません。

最高ですね、カイロプラクティック。

コメント

このブログの人気の投稿

首の骨を確実に折る方法(閲覧注意)

目の不調も首から

サブラクセーションの時に何が起こっているのか?