ダースベイダー登場!しかけ絵本の世界展 金沢21世紀美術館

GWは営業してますが
昨日は一応定休日という事で、家族で21美で開催されている
「しかけ絵本の世界展」へ行ってきました。

これが

まんでおもしろいげんよ。


本当にたくさんあったのと、子供といったので写真をゆっくり撮る暇がなかなかなかったんで写真の数は少ないですが、この楽しさを少しでもシェアしたいと思います。

絵本の世界がビッグになって体験できます。これは「オセアノ号、海へ」です。


このしかけ絵本は小さい穴から覗くと、奥行きが立体的に見えるしかけです。ちょっと感動しますよ。で、これは金沢の街並みだそうです。おもしろい。

この絵本も可愛かったです。ぬいぐるみが取り付けてあって、ページをめくりながら場面に合わせてぬいぐるみを動かすと、子供も大人も大喜び。

僕は何と言ってもこれです。「STAR WARS」これは宝物になりそうです。ライトセイバーが光るんですよ。わかります?
娘はエリック カール「はらぺこあおむし」のしかけ絵本をじいちゃんが買ってくれて喜んでました。


最近はスマホ、DVD、映画でも情報媒体はデジタル化され便利だし、とてもリアルかもしれません。それはそれでいいんですが
本、絵本は目で見るだけでなく、手で触れて得られる質感、ページをめくる筋肉の運動、お母さんや誰かが耳元で読んでくれる時の温かい音声、そして温度と振動を感じ取れます。また絵本を目で見てはいても脳の中では絵本からの情報をさらに膨らませ、自分だけの世界が同時に広がっています。僕もこのスターウォーズを読みながら効果音やテーマソングを口ずさみ、妄想の世界へ入っていました。
本、絵本を読むというのは人間が他の動物より優れた感覚と、想像力が必要とされフル活用される行動です。
以前のブログで書いたように人間の脳は行動するためにあります。
その観点からすると、やっぱり五感と筋肉と想像力を使う「本を読む」という行動は人間の能力を伸ばす上で重要なのではないでしょうか。


しかけ絵本の世界展は5/10まで。
あー、この絵本売り切れるな(笑)

コメント

このブログの人気の投稿

首の骨を確実に折る方法(閲覧注意)

カイロは医業類似行為でなくても、、、いいよね。

乳幼児期と上部頸椎