排除よりも適応と自己修復

小学生になると、どんどん姿勢が悪くなります。

体に合わない椅子や机(頭が下を向きすぎたり、骨盤が後傾してしまう)
ゲームのしすぎ(これは僕もでしたが)
不適切な歯の治療(噛み合わせが変わってしまう事による頭の傾きなど)
合わない靴(指が変形する事で重心が踵よりになってしまう)
寝る時の向き(長時間のうつぶせ寝などで頸椎に回旋がかかる)
親の姿勢(こどもは親の言う事は聞かないが、やる事はマネする)


他にもこどもの姿勢を悪くする要素は沢山あります。
もちろん不適切なカイロプラクティックでも椎骨を逆からアジャストメントされたら体が歪む原因を作ってしまうでしょう。

おやこ姿勢セミナーでは
姿勢を悪くする要素が周りにあっても
自力でリカバリーするコツをお伝えできればと思っています。

姿勢を悪くする要素が無いに越した事はありませんが、
全てを排除するのは無理です。
また、それらが悪いと思いすぎて逆にストレスになるのも困ります。

だから
ゆるゆるっと
「こんな方法があるんだよー」
みたいな感じでセミナーをしています^^





金沢市 国家資格保持者の上部頸椎カイロプラクティック
まつもと上部頸椎カイロプラクティック
金沢市泉が丘1-14-12
予約優先制 各種クレジットカード対応

web予約はこちら
まつもと接骨院:柔道整復
日常生活におけるケガの痛み、交通事故によるむち打ちなどは柔道整復師として対応します。
※交通事故の場合費用は自賠責保険、任意損害保険により保障されます。
また保険会社との対応を円滑にしてくださる弁護士の紹介も無料で承っています。

コメント

このブログの人気の投稿

首の骨を確実に折る方法(閲覧注意)

目の不調も首から

サブラクセーションの時に何が起こっているのか?