首が痛い、左右に向くのがつらいのは重心のせい?

上を向くのが痛い
左右に向くのが痛い
横に倒すのが痛い

こんな方は頭部と頸部、そして胸椎〜足の重心軸が
ズレている事が多いです。

首の動きは、頭のわずかな傾きによる「中心」の位置がずれると
制限が起こります。

例えば
右に傾くと、頭部の左回旋が制限されます。
重心が後ろに行くと、上を向く動きが制限されます。
首だけでなく、顎の動きも制限を受けます。
頭の傾きで、顎がまっすぐに動かなくなります。
偏った動き方をするんですね。

日頃から、頭頸部の傾きやねじれが起こって
長期間気づかない人は

いつの間にか関節や筋肉の動きが制限を受けてきます。

首の動きの悪さは
背中や方の動きに代償作用を働かせ
それが腰の動きを制限し
膝の伸展制限を起こしたり
足関節の背屈制限を起こしたりします。

ある、一定の動き〜例えばバットを振るとか〜の時は
あえて重心をずらし、力を位置方向に溜め込む事も出来ますが、

しょっちゅう重心が傾いているのはどうかと思います。

慢性的な首、顎、背中の痛み、腰の痛みは
体が傾いてしまっているからかもしれません。

上部頸椎カイロでは体の不自然な重心も改善します。
フットビュークリニックで重心測定も行い、首の一番上の部位にアプローチします。
体が本来あるべき重心に、自然に戻って行きます。
あとは体がなおしてくれます。

おやこ姿勢セミナーやります!
今回で7回目です^^
NEW!!→今までの経験(子供は座って話を聞くのが苦痛、、)を活かし、今回は体を動かしながら姿勢や背骨のお話をして行きます!これでもっと子供たちも喜んでくれるはず!

日本経済新聞(2017.12.23)で取り上げられた当院独自の簡単メソッドを伝授!
子供に姿勢を良くしなさい!
と言っても、なかなか親の言う事って聞いてくれませんよね。

でも子供は親の言う事は聞かなくても、やっている事はマネします(汗)
姿勢も同じ。親の姿勢は子供がマネします。それを逆手にとって(笑)おやこで姿勢について学んで、姿勢を良くする体操を一緒にやる事で
お父さんお母さんも、子供たちも姿勢を良くする習慣が身についてきます。

子供の頃の不良姿勢は、10歳前後で体に身につき、それが癖になってしまいます。
また不良姿勢は脳血流の低下を招き、疲れやすさ、集中力の欠如につながったり
歯並びを悪くしたり
運動能力の低下などにも繋がります。

逆に姿勢が良いと、見た目だけではなく、学習能力の向上、運動能力の向上、そして何より明るく元気になります!
さらにそれは子供達の可能性を引き延ばす事にもなります!

子供達の健康と未来のためにも
おやこ姿勢セミナーに是非ご参加下さい!

日時:5/13日曜日
10:30〜11:30 (姿勢写真撮影がございますので10:00頃にはご入場ください^^)
場所:しいのき迎賓館3階 セミナールームA
参加費:1組¥1,000
定員:5組10名(小学生以上のおやこ参加に限る)
持ち物:軽い体操がございますので、動きやすい服装と運動靴などでお越しください。
幼児をお連れの方は、お電話でご連絡ください。託児はございません。
お申し込み:お電話で受け付けております。
電話:076-272-8655 まつもと上部頸椎カイロプラクティック迄



Keep Spine
Keep Smiling
まつもと上部頸椎カイロプラクティック
金沢市泉が丘1-14-12
予約優先制 各種クレジットカード対応

web予約はこちら
まつもと接骨院:柔道整復

日常生活におけるケガの痛み、交通事故によるむち打ちなどは柔道整復師として対応します。
※交通事故の場合、費用は自賠責保険、任意損害保険により保障されます。

コメント

このブログの人気の投稿

首の骨を確実に折る方法(閲覧注意)

カイロは医業類似行為でなくても、、、いいよね。

乳幼児期と上部頸椎