スマホに適応した骨格になるには

スマートフォン。

スティーブジョブズは何てものを発明してしまったのでしょうか。

現代人はiPhoneを始めとするスマートフォンに依存してしまい
それなしでは生活が成り立たないという人まで出てきました。

しかし、人類の体は、その早すぎる文明の発展に
全く適応できていません。

遠くまで見通せたはずの目は、その力を失い世界を霞めてしまっています。
下を向き続けることで、5kgほどだった頭の重さが何倍にもなり、22kgほどの負荷をかけ続けています。
加えて骨盤を後傾させ、椎間板を押しつぶし、すり減らして行きます。
五本あるはずの足の指は地面から浮き、体を支え大地を蹴るという機能を果たせていません。

このスマートフォンに適応するには
我々は進化せねばなりません。

まず、脳を軽くしましょう。
そして頸椎が下を向くのに適する様に、首を短くし、首の筋肉を太くしましょう。
二本足ではもう立てなくなるので
両手も地面につき、体を支えましょう。

知能は低下し、4本足で歩く事になってしまうかもしれませんが
これも進化の為です(笑)

、、、スマホは程々に、正しく使いましょう^^


3/24土曜日
おやこ姿勢セミナー
場所:しいのき迎賓館
10:00開場
参加資格:小学生以上のお子さんと、その保護者さま(託児はございません。乳幼児のお子様もご一緒の場合はご連絡ください^^)
参加費:1組¥1,000
参加申し込み:076-272-8655迄


Keep Spine
Keep Smiling
まつもと上部頸椎カイロプラクティック
金沢市泉が丘1-14-12
予約優先制 各種クレジットカード対応

web予約はこちら
まつもと接骨院:柔道整復

日常生活におけるケガの痛み、交通事故によるむち打ちなどは柔道整復師として対応します。
※交通事故の場合、費用は自賠責保険、任意損害保険により保障されます。

コメント

このブログの人気の投稿

首の骨を確実に折る方法(閲覧注意)

カイロは医業類似行為でなくても、、、いいよね。

乳幼児期と上部頸椎