カイロは医業類似行為でなくても、、、いいよね。

カイロジャーナル拝読させていただきました。
「再考 医業類似行為」という記事が一面に出ていました。

記事の中にはカイロプラクティックは医業類似行為としてあり続けることが重要という内容もありました。
?もともとカイロは医業類似行為ではないのでは?と思いましたが、、。


日本でのカイロプラクティックの位置付けをざっくり説明すると、
日本ではカイロプラクティックは法制化(国家資格化)されておらず、
厚生労働省が定めたカイロプラクティックの国家資格というものも存在しません。
国際なんとかに準じたという教育も、確かに教育はされているかもしれませんが
国家試験を通った訳ではありません。

よく、「カイロや整体は無資格者が行っている」

と言われますが、国際的なカイロプラクティック教育をされていても、日本の国家資格を持っていないという事です。(そもそも国家試験も国家資格もない)

カイロプラクティックは個々の疾患、疾病に対する「治療」ではない(はず)ので
個人的には運動や、食事、などのような「健康法」の一つだと考えています。

医師、
歯科医師、
鍼灸師、
柔道整復師、
按摩マッサージ指圧師、
は法律で定められた範囲の医業、または医業類似行為(これは疾患、疾病に対する治療行為、またはそれに準じる行為)が出来ます。

この資格を持っている人は
病気や怪我に対して「治療」「処置」「療養」などが出来ますが

その資格を持っていない人はできません。
治すとか治るとか医師以外言ってはいけません。

でもそれでいいんです。
カイロプラクティックはサブラクセーションと言われる「病気ではない状態」に対する
手技(健康法)ですから。

本当にカイロプラクティックをやりたい人は、別に法制化されなくても、カイロプラクティックらしい事をやればいいのです。
病気や怪我を治してあげたいと思う人は
ぜひ、国家資格を取ってください。

病気や怪我ではなく、そうなる前の自己管理や健康法、哲学に興味がある人は
カイロプラクティックや整体、ヨガ、ピラティス、トレーナーなど
そういう仕事に誇りをもって

国家資格保持者とは別路線で(または医業と連携して)人々の健康に貢献したほうが良いと思います。

「ヘルニアがなんと5分で改善!」とか
お店の事情や、集客の悩みも痛いほどわかりますが
国家資格保持者と競争しても、叩かれるし、処罰の対象になりやすいので。

是非、日本の民間療法者には頑張っていただきたいものです。
無資格無資格とみんな言うけども、
「いや、もともとそんなことするつもりないし。」
って思っていれば良いのではないでしょうか?(ただし、人の体を触るのであれば、然るべき機関で時間をかけてちゃんと勉強して安全な方法でお願いします。)

そもそも土俵が違うのです。

僕は西洋医学や東洋医学でもないカイロプラクティックにこそ、魅力があると思うのですが、、、。

*アメリカではカイロプラクティックはDoctor of Chiropracticという称号がありますが
ドクターとは医師という意味ではなく博士号みたいな意味合いなんだそうです。それはそれで凄いのです。(これはアメリカのD.Cが言っていました)
Medical Doctorとは別のものなのです。
よく日本でカイロプラクターの「アメリカではドクターなんだよお医者さんと同じなんだよ」と言う謳い文句を聞きますが、、、。

3/24土曜日
おやこ姿勢セミナー
場所:しいのき迎賓館
10:00開場
参加資格:小学生以上のお子さんと、その保護者さま(託児はございません。乳幼児のお子様もご一緒の場合はご連絡ください^^)
参加費:1組¥1,000
参加申し込み:076-272-8655迄


Keep Spine
Keep Smiling
まつもと上部頸椎カイロプラクティック
金沢市泉が丘1-14-12
予約優先制 各種クレジットカード対応

web予約はこちら
まつもと接骨院:柔道整復

日常生活におけるケガの痛み、交通事故によるむち打ちなどは柔道整復師として対応します。
※交通事故の場合、費用は自賠責保険、任意損害保険により保障されます。

コメント

このブログの人気の投稿

首の骨を確実に折る方法(閲覧注意)

乳幼児期と上部頸椎