上部頸椎と筋膜の繋がり。頭の先から足の先まで。

上部頸椎カイロプラクティックの検査を受けたことがある方なら
私がクライアントさんの足の長さを見ながら
「右向いて〜、左向いて〜」と言っているのが不思議に思っているかもしれません。

首が痛いのにな、
肩が痛いのにな、
腰が痛いのにな、
なんで足みとんねん。

これは上部頸椎の動きにより、足の長さが変化するかどうかを確認しているのです。
変化する様だったら全身の繋がりに問題が起きているかもしれません。

体は全て繋がっています。

これをアナトミートレインのSBLで考えてみましょう。

まず上部頸椎(頭部)の回旋は頭頸部から背部〜腰部にかけて繋がる筋とそれれを包む筋膜。


そして、腰部から仙骨、股関節を多い、大腿骨に繋がる筋膜。





仙結節靭帯に繋がったハムストリングスを通り、


下腿を下降し


足底筋膜に繋がる
スーパーファシアル・バック・ライン。
(本当は頭全体を覆って眉毛の上まで繋がっているんですが、丁度良い資料がなかったもので割愛しました。)



例えば、上部頸椎(頭部)が左に回旋、頭頸軸が右にずれると〜このパターンが多いのですが〜右足が左足に比べて短くなっています。
この時、頭を右回旋してあげると、足の長さが揃うことがあります。

これは上部頸椎左回旋と頭頸軸の右変位により
右頸部の筋膜が伸展され、そこから繋がる右背部〜腰部にまでテンションがかかり
丁度、テントの梁のような棘突起(背中にならんでいる突起)に圧迫力が加わります。
そういうところは指で押すと激痛が走ったりします。
いつも右の腰が痛い、重く感じたりします。

また仙骨からハムストリングに掛かる筋膜にも張力がかかり、坐骨結節に圧迫力が加わります(骨盤を右上に持ち上げる力が加わる)
さらに下腿の筋が短縮して、膝関節がわずかに屈曲位になったり、足関節が底屈位(つま先を下に向ける)に固定されます。
坐骨神経痛に繋がったり、膝の痛み、変形、足底筋膜炎にもつながります。

これが右足の見た目の短さを作っています。

ところが上部頸椎を右回旋してあげると
筋膜の張力が緩み、足の長さが揃ってくるのです。

(生まれつき足の長さが違う人や、怪我、運動不足による筋萎縮で左右さがある人は変わりません。)

この様に、上部頸椎のわずかな位置関係の変化、そしてそれが長期間、慢性的に続くことは
頭の先から、足の先まで
どこかしらの筋肉、骨の出っ張りに緊張や圧迫力をかけていることになります。
緊張が続けば、痛みや、変形にもつながります。

上部頸椎、首を整え、最高のコンディションにしておくことは
全身の繋がりを最高のコンディションにすることになります。

もちろん、日頃から、姿勢、運動、睡眠、栄養は大切にしましょうね。


Keep Spine
Keep Smiling
まつもと上部頸椎カイロプラクティック
金沢市泉が丘1-14-12
予約優先制 各種クレジットカード対応

web予約はこちら
まつもと接骨院:柔道整復

日常生活におけるケガの痛み、交通事故によるむち打ちなどは柔道整復師として対応します。
※交通事故の場合、費用は自賠責保険、任意損害保険により保障されます。


"まつもと上部頸椎カイロ"のLINE@はじめました!‬
‪お友達追加で¥500割引クーポンゲットできます!
下記のリンクから友だち追加してみてください。‬
https://line.me/R/ti/p/%40hup4835t‬

コメント

このブログの人気の投稿

首の骨を確実に折る方法(閲覧注意)

目の不調も首から

サブラクセーションの時に何が起こっているのか?