首がずっと緊張している

一週間前に
「上を向くと首が痛い」
との事でいらしたクライアントさんが
今日、再チェックにいらっしゃいました。

体調をお伺いすると
「だいぶ良い」との事でしたが
首のだるさや緊張がまだ残っているとの事でした。

上部頸椎のサブラクセイションは解消され、重心の位置や、緊張性頸反射は無くなっていたので、カイロプラクティックの必要性はありませんでした。

しかし、サーモグラフィで頸部の温度を測ると、ちょうど頸椎の5番と6番が異常に冷えています。もちろん触診でも緊張が強い。

ご本人は運動もされているし、しっかりとした体つきなので
筋力低下が原因ではありません。

足の指も着いていませんでしたので
背骨のカーブを少し作ってあげると

「あれ?すごい柔らかくなった!」
と、ご本人
「これを基本姿勢としてキープしていきましょうね。細かい作業に集中したり、何かスポーツをしている時は、その時に応じた姿勢でいいですから、
また気がついたらこの姿勢を思い出してくださいね。」
とお伝えしました。

何年も首の違和感が取れず、なにをしてもダメだったと諦めかけていたようですが
諦めなくて良かったと思います。

人は知らず知らずの内に、姿勢パターン、動作パターン、思考パターンも決まってしまいます。それは悪い事では無いのですが、時にそれが同じ場所に負担をかけ続け、
肉体的、精神的苦痛を引き起こします。

それは上部頸椎のサブラクセイションパターンも同じです。

体が何か悲鳴を上げている時は
新しいパターン、または正常なパターンに戻してあげれると良いですね!

僕はいつもとりあえずビールの行動パターン、、、、。
幸せです!
まつもと上部頸椎カイロプラクティック
金沢市泉が丘1-14-12
予約優先制 各種クレジットカード対応

web予約はこちら
まつもと接骨院:柔道整復
日常生活におけるケガの痛み、交通事故によるむち打ちなどは柔道整復師として対応します。
※交通事故の場合、費用は自賠責保険、任意損害保険により保障されます。

コメント

このブログの人気の投稿

首の骨を確実に折る方法(閲覧注意)

カイロは医業類似行為でなくても、、、いいよね。

乳幼児期と上部頸椎