膝が痛くて正座ができない時の改善法

「膝が曲がらなくて正座ができない」

結構こういう方いらっしゃいます。

リウマチや重度の変形でない限り
膝が曲げれるようにすることは可能です。

変形の場合は、関節自体が壊れているのでちょっと難しいですが、
膝関節に炎症や腫脹などがない限りは

太ももの裏のハムストリングスという筋群が
短縮固定されていることが多いです。

「正座をする時に、膝の後ろが痛い」
とか
「膝に何か引っかかって曲がらない」
という場合は

まず膝を曲げるハムストリングスを動かす練習から始めましょう。
筋肉を目覚めさせるんです。
意識して動かす!

今日も一人膝が曲がらない方がいらっしゃいましたが
仰向けで筋膜リリースをしてから、ハムストリングスを目覚めさせて
正座をしてもらいました。
すると、意外に簡単に正座が出来るようになって喜んでくださいました。
何年かぶりだそうです。

ちなみにこの方はノー・サブラクセーションでした!


おやこ姿勢セミナーやります!
今回で7回目です^^
NEW!!→今までの経験(子供は座って話を聞くのが苦痛、、)を活かし、今回は体を動かしながら姿勢や背骨のお話をして行きます!これでもっと子供たちも喜んでくれるはず!

日本経済新聞(2017.12.23)で取り上げられた当院独自の簡単メソッドを伝授!
子供に姿勢を良くしなさい!
と言っても、なかなか親の言う事って聞いてくれませんよね。

でも子供は親の言う事は聞かなくても、やっている事はマネします(汗)
姿勢も同じ。親の姿勢は子供がマネします。それを逆手にとって(笑)おやこで姿勢について学んで、姿勢を良くする体操を一緒にやる事で
お父さんお母さんも、子供たちも姿勢を良くする習慣が身についてきます。

子供の頃の不良姿勢は、10歳前後で体に身につき、それが癖になってしまいます。
また不良姿勢は脳血流の低下を招き、疲れやすさ、集中力の欠如につながったり
歯並びを悪くしたり
運動能力の低下などにも繋がります。

逆に姿勢が良いと、見た目だけではなく、学習能力の向上、運動能力の向上、そして何より明るく元気になります!
さらにそれは子供達の可能性を引き延ばす事にもなります!

子供達の健康と未来のためにも
おやこ姿勢セミナーに是非ご参加下さい!

日時:5/13日曜日
10:30〜11:30 (姿勢写真撮影がございますので10:00頃にはご入場ください^^)
場所:しいのき迎賓館3階 セミナールームA
参加費:1組¥1,000
定員:5組10名(小学生以上のおやこ参加に限る)
持ち物:軽い体操がございますので、動きやすい服装と運動靴などでお越しください。
幼児をお連れの方は、お電話でご連絡ください。託児はございません。
お申し込み:お電話で受け付けております。
電話:076-272-8655 まつもと上部頸椎カイロプラクティック迄



Keep Spine
Keep Smiling
まつもと上部頸椎カイロプラクティック
金沢市泉が丘1-14-12
予約優先制 各種クレジットカード対応

web予約はこちら
まつもと接骨院:柔道整復

日常生活におけるケガの痛み、交通事故によるむち打ちなどは柔道整復師として対応します。
※交通事故の場合、費用は自賠責保険、任意損害保険により保障されます。

コメント

このブログの人気の投稿

首の骨を確実に折る方法(閲覧注意)

カイロは医業類似行為でなくても、、、いいよね。

乳幼児期と上部頸椎