子供の姿勢が悪くなるのは重過ぎるカバンのせい?

「今の子供のランドセルって、本当に重いんです。
だからどうしても前かがみになってしまうんですよね。」
そうお話ししてくださったのは、小学校1年生のお子さんをお持ちの
30代後半のお母さん。

この小一のお子さんは、姿勢が良くなりたいと自らの意思でまつもとオフィスに来てくれましたが、現在は立位バランスも相当良くなりました。

まだそんなに姿勢も悪くなく、サブラクセイションもないので特に目立った身体症状もないのですが、ランドセルの重さが気になります。

他の小・中学生の子供を持つお母さんも口々に
「子供のカバン重すぎる。」とおっしゃっていました。
カバンが10kgにもなる事もあるそうです。

僕が子供の頃は(昭和52年生まれ)学校に教科書やらなんでも置いて帰っていました。
(勉強してなかったのがバレる!)
だからランドセル担いで走ると、中身がスカスカなのでガチャガチャ筆箱が鳴りまくっていたのを覚えています。
教科書やら持って帰るのって終業式の時や夏休み前の時ぐらい?だったような。

でも今の子って全部なんでも持って帰らないといけないんですね。教科書や参考書の紙質も昔より良いらしく、その分一冊の重量が重くなっているそうです。

まだ筋肉の発達もできていないような小学生低学年の頃から過剰な重量がカラダに掛かると、それに適応するための姿勢とカラダの使い方になってしまいます。

加えて携帯ゲームやスマホなどで下を見る機会も昔より増えています。
子供の頃から体を歪める条件がたくさんありそうです。

子供なんて勉強も宿題もやらなくていいから
もう少しカバンを軽くして、体に負担がかからないようにしてもいいんじゃないかな?





大人気!おやこ姿勢セミナー
お子さんの姿勢気になりませんか?
悪い姿勢の癖は10才前後で身についてしまうと言われています。
そこで最も姿勢が悪くなり始める小学生〜中学生を対象に
正しい姿勢を保つコツを伝授いたします!
もちろんお父さんお母さんも一緒に!だって親が姿勢が悪いと子供の姿勢は良くなりませんから!
姿勢に興味のない子供でも、面白おかしいセミナーで
「姿勢良くしたほうが僕私の好きな事がもっと上手になるかも!?」って自発的に姿勢を良くしてくれるようなお話をします^^
お申し込みはお電話で!
電話076-272-8655 まつもと上部頸椎カイロプラクティック迄
定員3組6名さま
場所 まつもと上部頸椎カイロプラクティック
時間 11/3金曜日 10:30~11:30
駐車場は3台分あります

Keep Spine
Keep Smiling.

金沢市 国家資格保持者の上部頸椎カイロプラクティック
まつもと上部頸椎カイロプラクティック
金沢市泉が丘1-14-12
予約優先制 各種クレジットカード対応

web予約はこちら
まつもと接骨院:柔道整復
日常生活におけるケガの痛み、交通事故によるむち打ちなどは柔道整復師として対応します。
※交通事故の場合費用は自賠責保険、任意損害保険により保障されます。
また保険会社との対応を円滑にしてくださる弁護士の紹介も無料で承っています。


コメント

このブログの人気の投稿

首の骨を確実に折る方法(閲覧注意)

カイロは医業類似行為でなくても、、、いいよね。

乳幼児期と上部頸椎