脳への刺激及び栄養の90%は、背骨の動きにより調整されている。だから背骨チ ェックは大事なんだ。

”脳への刺激及び栄養の90%は、背骨の動きにより調整されている”







背骨、第一頸椎から尾椎まで(本当は頭蓋骨も)全ての動きの制限や構造の破綻は、脳、脳幹、脳神経、脊髄、脊髄神経の働きに影響を及ぼします。結果的にそれは生命活動の調和が乱れることを意味しているのではないでしょうか。皆さんにはサブラクセイションを取り除き、健全な脳神経機能を取り戻していただきたいものです。

さらにこのSperry博士はこうも述べています。

”脳の出力の90%は重力に肉体を適応させるために使われている。たった10%で思考、代謝、治癒活動をしている。"
Dr Roger Sperry demonstrated that 90%of the brain's energy output is used in relating the physical body to gravity. Only 10% has to do with thinking, metabolism, and healing.

Sperry, R.W.(1988)
Roger Sperry's brain research. Bulletin of the Theosophy Science Study Group 26(3-4),27-28. Nerve Connections. Quart. Rev. Biol. 46, 198.

めちゃめちゃ悩んでも考えても脳の10%の内、数%でしかないのでしょうか?それよりも重力に適応させるため〜何気に立ったり座ったり歩いたりしている事〜にそのほとんどが使われているんですね。
実はこれらの事実を元に当院では重心足圧計を使用して、クライアントさんの脊椎サブラクセイション分析に役立てています。
脊椎にサブラクセイションがあると姿勢が悪くなり体が傾く事がある。それが重心足圧計に現れる。赤い点が重心の位置。しかしながらさらなる研究が必要とされる。


さて、このDr Roger Sperry という人物、一体どんな人なんでしょう?



博士は神経心理学者、神経生物学者でありノーベル医学賞受賞者でもあります。
「ノーベル賞受賞理由の業績として分離脳研究がある。てんかん治療の目的で半球間の信号伝達を行っている脳梁を切断した患者に、片方の脳半球に依存することをが知られている作業を行ってもらい、二つの脳半球がそれぞれ独立した意識を持っていることを実証した。この研究は左右の大脳半球の機能分化の理解に大きく寄与した。」wikipediaより引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/ロジャー・スペリー


もしかしたら博士は天国で新しい発見をしているかもしれません。
…カイロって脳に良いんじゃない?なんてね。


首の先生のいる場所

まつもと上部頸椎カイロプラクティック
金沢市泉が丘1-14-12
予約優先制 ご相談・カウンセリングは無料です。
tel:076-272-8655

mail:matsumoto.chiro@gmail.com


コメント