何も身につけなくても元気でバランスの良い状態が理想的

先日、首に不調を感じるというクライアントさんが
新規でいらっしゃいました。

いつものようにサブラクセイションチェックをしていたら
何やら右肩に丸い粒粒の貼り薬が貼ってありました。

病院で2週間前に貼ってもらったらしいのですが
その後どうしたら良いのか指示もなく、貼りっぱなしにしているそうです。

ただ、このような貼り薬やテーピング、サポーターなどが体に着いていると
正確な検査結果が出てきません。

サーモグラフィーも正確に出ないし
パルペーション(関節可動域の検査)や
レッグチェック、ハンドチェック(手足の左右の長さと筋反射の検査)も
はっきり出てきません。

ご本人は病院の指示なしに勝手に取ってしまうのが気にかかっていたようなので
一度ドクターに取っていいかどうか聞いてみてください
とお伝えして、その時は無理にアジャストメントはしませんでした。

そして数日後に来ていただき、再度サブラクセイションチェックをしたところ
サーモグラフィーのパターンもはっきり出ていて
レッグチェックや筋反射テストもはっきり出ました。
リスティングも容易に出ましたので
C1メジャーでアジャストメントをしました。

体は敏感です。
皮膚にも
筋肉にも
腱や靭帯にも沢山の感覚器が存在しています。

何かを身につけることで感覚器は興奮し、体は反応します。
身体の機能が正常でない場合はそれらの助けが功を成すことはあります。

しかし、それらを外すことでまた身体のバランスは崩れていまいます。
体に貼ったり着けたりやつは、その間だけ体は反応するのです。
(でも着けっぱなしだと、適応や順応によってだんだん反応しなくなります)

本当は「何も身につけなくても元気でバランスの良い状態」を目指したい。
と思いませんか?


首の先生のいる場所

スパインチェック&ケアを通して、人の健康と地球環境を守る。
まつもと上部頸椎
カイロプラクティック
金沢市泉が丘1-14-12
予約優先制 ご相談・カウンセリングは無料です。
tel:076-272-8655
mail:matsumoto.chiro@gmail.com

コメント